創立50周年を迎えました

金沢福祉専門学校 
創立50周年記念動画

創立50周年を迎えて

本校は昭和48年の創立以来、今年で学園創立50周年を迎えました。
去る10月14日(土)本校において、ささやかではございましたが、記念式典・講演会を執り行いましたところ、多くの来賓皆様のご来臨を賜り、お陰をもちまして50年の節目を見届けることが出来ました。
これもひとえに皆様方のご支援ご指導の賜物と深く感謝申し上げます。
これからまた、次の60周年に向けてさらなる研鑽を重ねてまいります。 皆様の益々のご健勝を祈念いたしますとともに、本学への変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げ、お礼のご挨拶とさせていただきます。

理事長 越中屋 薫

令和5年、創立50周年という栄えある記念式典に、学生と教職員一同が心ひとつに今回の機会をいただきましたこと感謝の思いでいっぱいでございます。
この日を無事に迎えられましたのも関係各位皆々様のお力添えに衷心より感謝申し上げます。
創立50年というこれまで築いてきた歴史を教職員一同は、更に新しい時代創世のために精進を忘れずに一歩一歩と前進してまいりたいと思います。
金沢福祉専門学校の「福祉」の理念や感謝の思いを大切に、その力を最大限に発揮し、学生の満足度が高い学内環境と教育研究環境作りに努めてまいります。
本校は50年を超えて、更に飛躍し、ひとりひとりが輝き、新たな未来社会に貢献すべく前進してまいります。

校長 酢谷 温子

この度は、創立五十周年を迎えられたことに、同窓生一同、心から祝いとお喜びを申し上げます。母校が五十周年を迎えられたことは、私たち同窓生にとりましても大きな誇りであり、喜びとするところであります。
昭和・平成・令和と五十年の歴史を重ね、着実な歩みを重ねる母校とともに、私たち同窓生一同も超高齢化社会に向け、この金沢福祉専門学校で教わった「福祉のこころ」を大切に、これからも人と地域に貢献していきたいと思います。
五十周年を契機とし金沢福祉専門学校の益々のご発展を願うとともに、私たち同窓会もより一層のご支援をお約束します。

同窓会会長 勝裕 健司

学校法人清永学園創立50周年記念式典

令和5年10月14日(土)本学において「学校法人清永学園」創立50周年記念式典」を挙行しました。 当日は、晴天にも恵まれ多くのご来賓の方々のご臨席を賜り盛大な式典となりました。 50年を回顧する記念動画の放映、式典を華やかに盛り上げて下さったアンサンブルよるオープニングセレモニー、 物故者への黙祷、感謝状の贈呈、学生代表挨拶へと続き、50周年の歴史を感じさせるに十分な、風格が漂っていました。

本校卒業生によるピアノ三重奏
ピアノ 中村 育美 様・バイオリン 林 直美 様・チェロ 山下 智 様

学生代表挨拶

学生代表挨拶を行った介護福祉科2年生銭丸 雅さん

本校の『福祉の心を育む』という創立理念、『誠実』『勤勉』『創造』 という建学精神を柱にしてぶれることなく学び続けることができている、 この節目の年を次の飛躍への第一歩として明日に向かっていくと力強い宣誓の挨拶でした

物故者への黙祷

感謝状贈呈

来賓祝辞

石川県知事: 馳 浩 様

一般社団法人 石川県専修学校各種学校連合会

理事長: 鍔 一郎 様

学校法人 清永学園 金沢福祉専門学校

同窓会会長: 勝裕 健司 様

記念講演

一般社団法人 日本綜合医学会
理事長: 安岡 富士子 様

基調講演は、一般社団法人日本綜合医学会、安岡富士子理事長を講師としてお迎えをし、 ハイブリット形式で『日本の素晴らしい歴史と叡智が世界を救う/原点は福祉の心・食・農・医・教育を考える』をテーマにご講演頂きました

講師プロフィール

日本人の伝統食・和食について学びをはじめ、食養・医食同源を柱とする日本綜合医学会に 入会、その後、初の女性理事長となる。今後は日本人全体の食の安全性と自給率の向上を 目指し活動を展開

新聞記事(中日新聞 令和5年10月15日掲載)